■プロフィール

子供未来@境町

Author:子供未来@境町
2011年7月29日に茨城県猿島郡境町にて野呂美加さんの講演会が行われました。
それを機に立ち上がった「子供の未来を考える会」です。
今の状況で一番に考えなくてはならないのは“放射能問題”だと思いますが、子供の明るい未来についてであれば、どんな事でもどなたでも…“話し合ったり勉強したりできる会”である事を望んでいます。
メーリングリスト参加者募集中!
境町に限らず、坂東市、結城市、筑西市、古河市のお母さんたちもいます。県西で繋がりましょう~♪
登録は、kodomo-sakai-owner●yahoogroups.jp(●の部分を@に変えて)まで、お名前、お住まいの地域、メールアドレス(PC推奨)をお送りください。管理者が登録いたします!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
野呂美加さんのお話会のお知らせ in 常総市
皆さん、こんにちは!

昨日はグリーンピース・ジャパンとのお勉強会が行われました。
参加された皆さん、とても意識が高く、熱心に話しを聴かれていました。
内容についてはまた後日お知らせしたいと思いますが、取り急ぎ、常総市で開かれる野呂美加さんの講演会についてのお知らせです!

野呂美加さんと言えば、私たちの会を立ち上げるきっかけになった最初の講演会の演者の方です。
チェルノブイリ事故後、ベラルーシの子どもたちを日本に招き、一ヶ月間保養をさせるという活動を19年間続け、その間の子ども達の様子を見続けてきた方。
当然、子ども達が弱っている姿、また保養後に元気になる姿、全てをご自分の目で確認してきています。

放射能問題はあらゆる視点から語られていますが、野呂さんのお話は言わば生の声。
机上の理論は抜きにして、実際に被害にあった子供たち、その家族、先生やお医者様、政府の対応など…事故後の様子は今の日本に似通ったところもあり、この先の日本を想像させるものでもあり…。
チェルノブイリでの事故から学ぶべきところは沢山あるはずで、同じ過ちは繰り返すべきではありません。

ぜひぜひ、お時間のある方、まだお話を聴いたことが無い方は足を運んでみてください!
今この時、意識すること、立ち上がることがいかに大切か…分かることになると思います。
以下、詳細です。↓↓↓


~野呂美加さんのお話会のご案内~

この度「常総市の子ども達を守る会」でもチェルノブイリへのかけはし代表の
野呂美加さんを講師に迎え、お話会を開催することになりました。
放射能問題に関しては専門家も意見が分かれる中
チェルノブイリの今を知ることはとても大切なことだと思います。
野呂さんは19年間ベラルーシの子どもたちを保養させる活動を
続けてこられ、今までに648人もの子ども達を日本に招待しています。
ご自身の経験に基づいた、放射能時代を生き抜く為の知識と知恵を
お話していただきます。是非皆様ご参加くださいね。
※会場の都合上予約制とさせていただきます。

■ 日 時 2011年11月26日(土)13:30~15:30
      15:30~質疑応答(13:00受付開始)

■ 会 場 常総市生涯学習センター2F 研修室 
       常総市水海道天満町4684番地 tel:0297-22-1111
<地図>(駐車場の都合上なるべく乗合せでお願いいたします)
■ 講 師 野呂美加さん(NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表)

■ 参加費 1,000円<定員70名>要予約 先着順
経費を除く参加費は「NPOチェルノブイリへのかけはし」へ全額寄付をさせていただきます

■ 託 児 お一人500円(託児スペースに限りが有る為ご希望の方はお早めに下記までご連絡くださいませ)


【お問い合わせ・申し込み先】
お申込みURL: http://kokucheese.com/event/index/18677/
メール、電話FAXでもお申込みできます(メール、FAXの方はお名前、電話番号、メールアドレスをお知らせ下さい)
TEL・FAX:0297-22-2516(青木)080-3111-8746(渡辺)
E-mail:jouso.savechild@gmail.com


野呂美加さんプロフィール
NPO 法人チェルノブイリへのかけはし代表
25年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を1か月間
空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年に知人と始める。
これまでに招待した子どもは、19年間で648人。2005年国際交流基
金より「地球市民賞」受賞。福島第一原発事故発生以来、各地で主にお
母さんたちのためのお話会を開催している。夫と大学生の娘と3人暮らし。


<主催>  常総市の子ども達を守る会

<後援>  常総市・常総市教育委員会





スポンサーサイト
告知 | 13:42:03 | トラックバック(0) | コメント(5)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。