■プロフィール

Author:子供未来@境町
2011年7月29日に茨城県猿島郡境町にて野呂美加さんの講演会が行われました。
それを機に立ち上がった「子供の未来を考える会」です。
今の状況で一番に考えなくてはならないのは“放射能問題”だと思いますが、子供の明るい未来についてであれば、どんな事でもどなたでも…“話し合ったり勉強したりできる会”である事を望んでいます。
メーリングリスト参加者募集中!
境町に限らず、坂東市、結城市、筑西市、古河市のお母さんたちもいます。県西で繋がりましょう~♪
登録は、kodomo-sakai-owner●yahoogroups.jp(●の部分を@に変えて)まで、お名前、お住まいの地域、メールアドレス(PC推奨)をお送りください。管理者が登録いたします!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
比嘉教授&野呂美加さん講演会のご案内
下妻市で行われる講演会のご案内です。
「子供の未来を考える会」で初めて主催した講演会の講師が野呂美加さんでした。
福島のお子さん達をイタリアへ保養に送り出した次の日の講演で、講演中、野呂さんは涙を流されていました。
講演後には、たくさんのお母さん達に囲まれ、質問攻めにあっていた事など…今でも鮮明に覚えています。
今回は放射能汚染解決に関連したEM技術について、比嘉教授とお話してくださいます。
EMについて、より詳しいお話が聴けると思います。
お時間のある方、興味のある方はぜひご参加ください。
*9月の講演ですが、お早めにお申し込みください。


放射能汚染の解決策 
 ―EM技術の応用―
~地球上のあらゆる生命のために
比嘉照夫教授&野呂美加さんスペシャル講演
 

【講師】
 比嘉照夫(ひがてるお)
1941年12月28日沖縄県生まれ。琉球大学農学部農学科卒業後、九州大学大学院農学研究科博士課程修了。1970年に琉球大学講師として勤務。1972年に同大学助教授。1982年に同大学教授。2007年には同大学名誉教授となり、同年4月より名桜大学教授及び国際EM技術研究所所長に就任。
「EM」を研究開発し、EMは農業・畜産・環境・建設・工業利用・健康・医学などの幅広い分野で活用され、現在世界150か国余に普及されている。また、「EM」は1997年1月発行の『現代用語の基礎知識』に「最新キーワード」として取り上げられ、学校はもとより多数の自治体で積極的な活用が進められている。

野呂美加(のろみか)
NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表。
22年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を1か月間、空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年に知人と始める。これまでに招待した子どもは、19年間で648人。
2005年国際交流基金より「地球市民賞」受賞。
福島第一原発事故発生以来、各地で主にお母さんたちのためのお話会を開催している。
夫と大学生の娘と3人暮らし。
チェルノブイリへのかけはし http://kakehashi.or.jp/

日時  9月30日(日) 12:30開場 13:00開演
場所  下妻市立千代川公民館 地図
      下妻市鬼怒230 TEL:0296-44-3141
参加費  無料 
託児   要予約
 
※入場の際、整理券が必要となります

お問合せ
  0296-49-2923 (生井)
  090-8808-0884 (山内)
  090-2549-7082 (相良)

主催 : 世界平和と環境保全を考える会
協賛 : Misia・大宝保育園

スポンサーサイト
告知 | 23:15:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。