■プロフィール

子供未来@境町

Author:子供未来@境町
2011年7月29日に茨城県猿島郡境町にて野呂美加さんの講演会が行われました。
それを機に立ち上がった「子供の未来を考える会」です。
今の状況で一番に考えなくてはならないのは“放射能問題”だと思いますが、子供の明るい未来についてであれば、どんな事でもどなたでも…“話し合ったり勉強したりできる会”である事を望んでいます。
メーリングリスト参加者募集中!
境町に限らず、坂東市、結城市、筑西市、古河市のお母さんたちもいます。県西で繋がりましょう~♪
登録は、kodomo-sakai-owner●yahoogroups.jp(●の部分を@に変えて)まで、お名前、お住まいの地域、メールアドレス(PC推奨)をお送りください。管理者が登録いたします!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
予防原則ですけど、何か?
26日の野呂さんの講演会(常総市)に行ってきました。
 
実は野呂さんの講演会、4回目でした。
ご縁があるんですね。
何回聴いても、毎回違うお話が聞けて面白いです。
今回は、ロシアのお医者さまを連れてきました。スモル・ニコワ先生。
事故発生から、ずっと市民側に立って治療にあたられた先生みたいです。
暖かいお人柄がにじみ出ていました。
 
そして、野呂さんのお話…。
野呂さんのお話を聴くと、不安になります。
関東は汚染されているとか、東京では甲状腺の異常が出てきているとか、給食の検査は当たり前という覚悟を持てとか…。
子供たちはもう保養の段階だとも言ってました。
原発に関しては地震大国だという事を踏まえたら執行猶予期間だと思えと…。
今きちんと決めておかないと、実刑としての大きな事故がいずれ再び…という事でしょうか?

なんていうんでしょう?
緩んでいた気持ちを引き締めるには最高の演者です。
あれくらい言ってもらえると、さすがにどんなお母さんたちも焦るだろうなぁ~。

関東は汚染されているのに、北海道とか西の人たちは、関東の事はそう思ってないですよって。
福島ですら、おじいちゃんたちが手袋はめて除染しているのを見て、もう住めるのね~って思っちゃう。
もう過去の事になりつつあるという事。
え、もう過去???
何も対策できてないのに。
沢山の人たちが“過去”って思っちゃうと、本当に過去にされてしまう。
そうならない為にも、きちんと声を上げて!っていうのはしきりに言ってました。
茨城のお母さんたちに喝を入れていた感じです。
 
とにかく、声を上げることが大切と、野呂さんも言ってました。
みんな、そう言いますね。
グリーンピースもそう言っていた。
あきらめずに声を上げる。
本当にね、そう思いますよ。
「放射能心配ですけど、何か?」と開き直る。
 
“風評被害”の反対の言葉に“予防原則”というのがあるそうです。

予防原則
とは、化学物質や遺伝子組み換えなどの新技術等に対して、環境に重大かつ不可逆的な影響を及ぼす仮説上の恐れがある場合、科学的に因果関係が十分証明されない状況でも、規制措置を可能にする制度や考え方のこと。

まさしくそれですよ↑私たちの求めているものは。

どうしてこの言葉が風評被害より先に出てこなかったんだろうなぁ~?
意図的なものを感じるなぁ。

風評被害を調べたら、こういうのがありました。

災害、事故、虚偽の報道や根拠のない噂話などによって、本来は直接関係の無い他の人達までが損害を受ける事。というのは建前で、このことばが使われるとき、実際は根拠のある被害を誤摩化し、被害者への同情を、無知な人たちから集めている場合が多い。因果関係を考えるのに疲れた人たちが使う便利な言葉。

これ↑、悪意のある言い回しかもしれないけれど、今の状況にぴったり合ってると思います。

きちんと調べたうえで、安全と分かったものを皆が食べてくれないのは風評被害といっていいと思います。
でも、きちんと調べもしてない、安全性も証明されていない曖昧なものを“なぜ食べぬ!?”と言われても、そこには予防原則で立ち向かいたい。

予防原則…大切な言葉だなぁ~。
“仮説上の恐れ”、“化学的に因果関係が十分証明されていない”…
「それが何か?」
私たちは子どもたちの事を考えると、“NO!”ときっぱり言いたいんですよ。
それでも何か問題ありますか?
私たちの思い、分かってください。 

スポンサーサイト


ひとりごと | 12:03:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。