■プロフィール

子供未来@境町

Author:子供未来@境町
2011年7月29日に茨城県猿島郡境町にて野呂美加さんの講演会が行われました。
それを機に立ち上がった「子供の未来を考える会」です。
今の状況で一番に考えなくてはならないのは“放射能問題”だと思いますが、子供の明るい未来についてであれば、どんな事でもどなたでも…“話し合ったり勉強したりできる会”である事を望んでいます。
メーリングリスト参加者募集中!
境町に限らず、坂東市、結城市、筑西市、古河市のお母さんたちもいます。県西で繋がりましょう~♪
登録は、kodomo-sakai-owner●yahoogroups.jp(●の部分を@に変えて)まで、お名前、お住まいの地域、メールアドレス(PC推奨)をお送りください。管理者が登録いたします!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ちょっと反省
こんにちは。


講演会をやって、会を立ち上げて、ブログも作って、メーリングリストも作成して…。

ここ2か月ほどはバタバタしてました。

身近な仲間は相変わらず増えないのですが、よその町の方たちから連絡をもらうようになり、少し考えてます。(何を?)


他のこういった会のブログでは、町への要望がどうなったとか、数値がどうだったかとか、具体的な対策案だとか、本当に放射能心配!!っていう方たちが真剣に取り組まれている事をしっかりと報告されています。

しかし、ここは私の思ってることをツラツラ綴っているだけなので、同じように何かしたいんだけど…と思っている方たちが親しみを感じて下さるのでしょうか?
どうやったら講演会開けるんですか?とか、どうでしたか、講演会開いてみて…?みたいな問合せが多いです。

HOMETOWNは相変わらず静かです。


議会を傍聴して感じたこと、少し書きました。
一日目の報告は、初めての議会で、少し興奮したというか、深呼吸せずに書いてしまったので、私の一時的な感情がばっちり入ってしまいました。
これを読んで、もし、不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。


二日間の議会を傍聴して、冷静になって思う事…。

まず、町を運営する皆さん、きちんと町の事を思っていらっしゃるという事。

町の予算の問題とか、しがらみとか、立場とか…色々絡んでいながらも、やはり今は放射能が一番大事な問題として認識してるんじゃないかなぁ~。

で、それなりに考えていて、なるべく町民を心配させないように動いています。

過剰に心配して不安でいっぱいの町にはしたくないようです。

それはごもっともです。


でも、私たち町民(主に保護者の立場の)が願う“安心できる環境”と、町を動かす立場の人たちが考える“安心できる環境”がズレちゃってるんでしょうね。

私たちとしては、とにかく、数値を公表して欲しい。
どんなに少なくても、検出せずではなく、値を知りたい。
どうしてか…?
内部被爆は積み重さなっていく。
確かに微量でも、食事をし、水を飲み、空気を吸えば、蓄積されていく…それが溜まればどういう事になるか、いくら情報が沢山あり過ぎて、何が本当か分からなくても、沢山体内に溜まる事が健康に良いとする情報は無いでしょう。
あったとしても、信じないでしょう?
子供の事を考えると、“最悪の結果”は頭から離れません。
あまり神経質になり過ぎてはストレスが溜まるというのは重々承知していますが、それでも、何年後かの最悪の結果を心配した上で、安全策をとりたくなるのが親心です。


町は県は国は、とにかく、みんなに落ち着いてほしい。
小さな値は心配に及ばないとし、数値には誤差があるからそれを踏まえろと言い、懸念される健康被害は前例が無いから関連性は定かでは無いとし、とにかく沢山の情報を分析した上で(してないかもしれませんが、)“一番楽観的な意見”を採用し、対策を取っていると感じます。
騒ぎを大きくしたくないし、大きくする必要もないでしょう?
だって、ここはホットスポットじゃないんだから…。
落ち着いて…
安心安全な情報をきちんとピックアップして提供しますから。


…そんな感じです。


数値をしっかり測り、報告を受ける事で、安全を確認したい人たちと、数値をしっかり測り報告する事で、誤差に慌てて不安になられることを恐れている人たち

不安な情報も知りつつ、きちんと自分たちで判断すべきと考える人たちと、不安な情報には目をつぶった上で安全な町をアピールする人たち

望む対応実際の対応にすれ違いが生じても致し方が無い。
根本が違うのですから…


どうすれば良いでしょうね?


やっぱり伝える事だと思います。
「いつも皆の為にお勤めありがとうございます。色々していただいて有難いんですけど、本当はこうして欲しいんですよ。」って思いを伝える。

私も選挙は行ってますが、その後の仕事はお任せでした。
伝える事をしませんでした。
国にも県にも町にも。
だから、原子力発電所も予想以上に増えていたし、いざとなったら嘘つかれちゃうし、ガッカリです。
でも、伝えてこなかったから、監視してこなかったから仕方ない。
ダメだったら軌道修正してもらうお願いだってできたんでしょうけど、してこなかったからなぁ~。

だけど、今度は学習しました。
町の業務をされる方たちは、町の役に立つことを望んでいるわけだから、町民が何を欲しているかきちんと伝えなくちゃ。

今まで伝えてきた人たちは、きちんと望むことが返ってきてたんだろうなぁ~。
恩恵も受けてきたんだろうなぁ~?
それが良い事なのか、悪い事なのかは別にしてもですよ…。


伝えてこなかった私も、今まではふつうに生活できてたけれど、今度は何を置いても一番に子供たちの事を考えてもらわないと、国の県の町の、そして私自身の未来が無くなっちゃう。
真剣に伝えなくては。



上の文章 ↑ は、数日かけて書きました。
長文を書くには時間がかかりますね。


今日は、同じ思いを持つ方たちとお会いして、お話しできました。
その方たちを誤解していた部分もあったのですが、誤解が解けました。
良かった。
そして、手伝って下さるという心強いお言葉もいただきました。


少し、作戦を練る必要があります。


気軽でいて、実は深い…そんな企画を立ち上げたいと思ってます。
















スポンサーサイト


ひとりごと | 03:52:02 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-12-14 金 22:42:53 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。