■プロフィール

子供未来@境町

Author:子供未来@境町
2011年7月29日に茨城県猿島郡境町にて野呂美加さんの講演会が行われました。
それを機に立ち上がった「子供の未来を考える会」です。
今の状況で一番に考えなくてはならないのは“放射能問題”だと思いますが、子供の明るい未来についてであれば、どんな事でもどなたでも…“話し合ったり勉強したりできる会”である事を望んでいます。
メーリングリスト参加者募集中!
境町に限らず、坂東市、結城市、筑西市、古河市のお母さんたちもいます。県西で繋がりましょう~♪
登録は、kodomo-sakai-owner●yahoogroups.jp(●の部分を@に変えて)まで、お名前、お住まいの地域、メールアドレス(PC推奨)をお送りください。管理者が登録いたします!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小川仙月さん講演会のご案内
今月、境町にて小川仙月さんの講演会が行われます。
ご案内は以下の通りです。


*******************************


講演会「原発事故と放射能汚染の影響」

日時 11月24日(土) 13:00受付 開始13:30~16:00
会場 茨城教職員組合県西支部会館 会議室 
   茨城県猿島郡境町長井戸1669-5
参加費300円(高校生以下無料)
内容 学習会講師 小川仙月さん
   〇原発事故の被害状況と子どもたち
   〇福島原発事故から明らかになったこと
   〇東海第二原発の状況
   〇地域経済に与える影響、本当に原発は必要なのか?
  ※ 終了後、質問時間をつくります。

<みなさまにご参加の呼びかけ>
 昨年の福島第一原発事故で放射性物質に汚染された地域では、いまだに住民が帰還できる状況ではなく、福島県では16万人を超える人々が避難生活を余儀なくされています。
 東海村にある東海第二原発は、今回の震災で大きな被害を受け、地震・津浪により「あわや」の事故が発生。現在も停止中ですが、日本原電は再稼働の準備を進めています。
 もう原発事故は絶対に起こしてはいけません。そのために何ができるのか。
 まずは原発事故に少しでも関心のある方々で集まり、学習してみましょう。
 そして、県内市町村議会で次々と採択されている「東海第二原発の再稼働に反対する意見書」を私たちの境町議会でも採択できるように働きかけていきましょう。

小川仙月さんから…2時間ほど映像とトークで一般の方に分かり易くお話します。原発事故や放射能汚染に不安や疑念を感じている方、はっきりしない思いを抱いている方、お子さまをお持ちの方など、是非ご参加をいただける事を願っています。
小川仙月さんプロフィール
牛久市在住。筑波大学卒 1990年にチェルノブイリ原発事故後の実態を調査し、その後も市民の立場から原発問題を研究し、各地で公演・学習会を開いています。現在はつくば市内で住宅のバリアフリー・介護建築業を営んでいます。

<呼びかけ> 小川仙月 講演会実行委員会・茨城平和擁護県西の会
<連絡先>  090-4098-4561(篠塚) 090-4846-5628(大里)
 

告知 | 06:21:11 | トラックバック(0) | コメント(1)
11月の茶話会
11月は16日(金)に茶話会を行います。
(毎月第三金曜日)

場所 農業構造改善センター(坂東市) 
   http://www.mapion.co.jp/phonebook/M13007/08228/0280880900-001/ 
   坂東市生子新田879-1
時間 10:00~12:00
*お茶は持参で。お菓子、歓迎(無くてももちろんOKです)! 和室なので、お子さん連れもOKです。


今月は、24日(土)に境町にて小川仙月さんの講演会が開かれます。
そのご案内も差し上げます。

子どもやお孫さんの未来について、様々な角度から考えていく会です。
ざっくばらんにお話しながら、楽しみながら…皆さんのご参加、お待ちしております!





告知 | 06:03:29 | トラックバック(1) | コメント(0)
「子どもの健康調査を要望しようinいばらき」
茨城県にて下記のプロジェクトが立ち上げられました。
私たちの会も賛同団体として登録するつもりでいます。
団体(団体は私たちのような会に限らず、子育てサークル、PTA, 子供会、会社〇〇課、病院なども大歓迎)・個人の参加を募っておりますので、興味のある方はぜひご連絡を!
詳細については下記をご覧ください。


*******************************


「子どもの健康調査を要望しようinいばらき」

茨城県と自治体への要望書提出&賛同のお願い

この度、茨城県と自治体への子どもの甲状腺検査を始めとする総合的な健康調査を要望するにあたり、
要望に賛同してくださる個人・グループ・団体を募集しています。
また、各自治体に要望書を提出してくれる個人・団体も同時に募集させていただきます。
要望書の草案はできていますから、個人でも簡単に提出できますよ。

賛同締切は 2012年11月10日 → 14日に変更されました。


福島で行われた検査では甲状腺の異常が全体で43%を超えるという実態が見え始め、
私たちの周りの地域でも子ども達の健康調査を要望し、それに応えてくれる市が出てくる
ようになりました。

地域で検査をするメリットは病気の早期発見ができることの他に、個人では限界がある今
の状況の問題点をみつけ出すことで、さらに被曝を減らし、より安全に暮らせるよう行政とともに考え動けるようになることです。

健康被害は食物等による内部被曝が大きく関係するようですから、土地の汚染状況に関わ
らずに検査し、調査することも大切です。

まずは知ることから始めるために、それぞれの地域を超えて茨城県に住むもの同士、手をつないで声をあげていきましょう。


★ 自治体に要望書を提出したい方はまず、私たちにご連絡ください。
放射能からいのちを守る茨城ネット
i b a r a g i . n e t @ g m a i l . c o m   T e l : 0 2 9 7 - 2 2 - 2 5 1 6 ( 青木)


★提出に賛同していただける方は、こちらにアクセスください↓

http://kokucheese.com/event/index/58368/

要望書に添えて、賛同者のリストも提出させていただきます。
個人、グループ、団体など、どなたでも賛同できます。
グループは、サークル、PTA, 子供会、会社〇〇課、病院、小さい大きい関係なく大歓迎。

放射能からいのちを守る茨城ネット
呼びかけ団体:放射能NO!ネットワーク取手常総市の子どもを守る会
放射能汚染から子どもを守ろう@守谷



★要望書はこちらからご覧になれます

<自治体宛て要望書>

<自治体宛て要望書・資料一覧>

<県宛て要望書>

告知 | 00:02:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
10月の茶話会のご案内
毎月第三金曜日に茶話会を行っています。
今月は19日(金)です。

引き続き、早川由紀夫先生の放射能汚染地図をお配りできますので、お持ちじゃない方、ぜひいらっしゃって下さい。
幼稚園・保育園、または学校などに配って、先生たちに知識を共有していただくために活用する事もできます。
枚数ございますので、お声掛けください。

お茶は持参で。お菓子、歓迎!
お子さん連れもOKです。

場所 農業構造改善センター(坂東市) 
   http://www.mapion.co.jp/phonebook/M13007/08228/0280880900-001/ 
   坂東市生子新田879-1
時間 10:00~12:00


沢山の方のご参加、お待ちしております。

告知 | 06:00:34 | トラックバック(2) | コメント(0)
『内部被ばくを生き抜く』上映会+鎌仲ひとみ監督講演会
イベントのお知らせです。
多忙な鎌仲監督のトークも聴ける映画上映会です。
お時間がありましたら、ぜひご参加ください!

『内部被ばくを生き抜く』上映会+鎌仲ひとみ監督講演会

とき  10月13日(土) 開場13:00 上映13:30
場所  古河市地域交流センターはなももプラザホール  
    茨城県古河市横山町​1-2-20 (地図
定員  150名(事前申込のみ)
会費  無料
託児  あり (湯冷ましの番茶は用意しますが、飲み物、気に入ったオモチャ等は各自用意してください。)

お申込み・お問い合わせは、NPO法人グリーン愛す 電話・FAX 0280-32-9203まで

【鎌仲ひとみ監督プロフィール】
映像作家
早稲田大学卒業と同時にドキュメンタリー映画制作の現場へ。
90年最初の作品「スエチャおじさん」を監督、同年文化庁の助成を受けて
カナダ国立映画制作所へ。93年からNYのペーパータイガーに参加して メディア・アクティビスト活動。
95年帰国以来、フリーの映像作家としてテレビ、映画の監督をつとめる。
主にNHKで「エンデの遺言―根源からお金を問う」など番組を多数監督。
2003年ドキュメンタリー映画「ヒバクシャー世界の終わりに」を監督。
国内外で受賞、全国400ヶ所で上映。
2006年「六ヶ所村ラプソディー」は国内外650ヶ所で上映。
2010年に最新作「ミツバチの羽音と地球の回転」を完成、目下全国500ヶ所、海外でも上映が進んでいる。
2011年度全国映連賞・監督賞受賞。
2012年DVD「内部被ばくを生き抜く」発売開始。
多摩美術大学非常勤講師。
著作に「ヒバクシャ ドキュメンタリーの現場から」「六ヶ所村ラプソディー ドキュメンタリー現在進行形」共著に「ドキュメンタリーの力」「内部被曝の脅威」「今こそ、エネルギーシフト」など。
*鎌仲監督ブログ ミツバチ@Official Blog



イベント | 23:26:32 | トラックバック(2) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。